電気料金の計算方法

当サイトでの電気料金の計算方法について説明します。


基本的には、電気料金(電気代)は、使った電力量(kWh) x 単価(円)で求めることができます。

電気代の単価が 1kWh という単位となる為、電力量を kWh という単位に変換する必要があります。


それでは、電気料金の計算方法を見ていきましょう。


まず、利用した時間あたりの電力量(Wh:ワットアワー) を求めます。

消費電力(W) x 時間(h) = 電力量(Wh)

次に、算出した時間あたりの電力量(Wh) を kWh(キロワットアワー) に変換します。

Wh ÷ 1000 = kWh

最後に、算出した kWh(キロワットアワー) に 1kWh 単価を掛け算し電気料金を算出します。

kWh x 1kWh単価(円) = 電気料金(円)

電気料金の計算例

上記の、電気料金の計算に具体的な数字を当てはめて計算してみましょう。


(例)消費電力100(W)の電球を、8時間使用した場合の電気料金(1kWh単価27円で計算)。


まず、8時間の電力量(Wh:ワットアワー)を求めます。

100(W) x 8時間(h) = 800(Wh)

次に、電力量 800(Wh) を kWh(キロワットアワー) に変換します。

800(Wh) ÷ 1000 = 0.8kWh

最後に、0.8kWh に 1kWh 単価27円を掛け算し電気料金を算出します。

0.8kWh x 27(円) = 21.6(円)

以上から、消費電力100(W)の電球を、8時間使用した場合(1kWh単価27円)の電気料金は、21.6円であることがわかります。


これを30日利用する場合は、648円 となります。

21.6(円) x 30(日) = 648円

消費電力100(W)、8時間、30日利用した時の電気料金の計算結果(1kWh単価27.0円)